空の鶴ができるまで

空の鶴ができるまで 過去の記録

仕込み2

醪の経過 後半

2021.1.12 - 2021.1.21

 吟醸のタンクでは薄い泡の層がなくなり、水面に大きめの泡ができては消えるようになります。 ◆2021年1月12日
20210112000
 
◆2021年1月14日
20210112001
 本醸造のタンクでも泡がなくなり、液面が見える状態となりました。この時が酵母の活動が一番活発なるので、品温が上がりやすいのですが、今年は寒さが厳しく、タンクに断熱材をまいて、保温しなければなりませんでした。
 
 本醸造は4段目の仕込みをします。酵母がすぐに食べやすいようにおかゆ状にしてから、タンクに投入します。 20210112002
20210112003
 
◆2021年1月21日
20210112004
 本醸造はいよいよ、搾る日が近づいてきました。
 ただ、今年は米が固いために、米の溶けが悪く、アルコールの出方が悪いです。
 そのため、品温を下げて、酵母の活動を抑えて、米が溶けるのを待ちます。
 
 吟醸の方は表面の状態がまた変わり、クリーム状のものが覆うようになりました。
 こちらの搾りは2月の上旬になりそうです。
20210112005
   

前の日へ ・ 一覧へ戻る ・ トップへ戻る